2016年10月26日

食事の改善で加齢臭対策

食生活の改善で加齢臭対策が出来る、という記事がいくつか見られます。
確かに食事と体臭って直結しそうですよね。

頭や首筋でニオイを発しやすいミドル脂臭は、自分では気づきにくいのがやっかいなところです。原因物質であるペラルゴン酸は、加齢臭の原因となるノネナールとは異なり、古くなった食用油に似たニオイが特徴。皮脂分泌量のピークを迎える年代でもあるために、分泌された皮脂が酸化し、特有のニオイを発することが分かっています。
(中略)
ミドル脂臭の原因となるペラルゴン酸は、ビタミンCを多く含むブロッコリーやピーマン、トマトといった野菜を摂ると、抗酸化作用によって体外への排出が促されます。切干し大根や干ししいたけ、乾燥ひじきといった植物繊維が豊富な食べ物も、体内で発生したアンモニアなどの悪臭を排出させる働きがあります。
引用元記事:http://www.agingstyle.com/2016/01/15000852.html

うーん、まずは食生活の改善をしてみましょうかね。
とはいえなかなか続かない。
目標実現のために効果のある手は何かないかな、とちょっと探していたのですが、夢実現の管理ツール「wishnote」が使えそう。
確かに思うだけだとそれで終わっちゃうけど、書けば多少なりには意識するから忘れにくくなるかも。

これ使って栄養バランスのいい食生活がんばろう。


posted by 楽しく加齢 at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。